« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

エクステリア 家の周囲のスペースを有効利用

【アフター】急に敷地が広くなりました。うわぁ、助かります。

 今までは人も通れませんでした。エアコンの室外機置き場になっていました。でもこれからは、物置もおけます。洗濯物も干せます。自転車もおけますね。

Photo_11 

【アフター】 土間が完成しました。

広くなってゆったりと歩くことができます。うれしいですね。

Photo_6

【アフター】 南側テラスのパーゴラにもサンテラスを取り付けました。

雨の日も快適に利用できます。

Photo_12

ビフォア】 通路を確保するための施工中です。

基礎工事を行っています

Photo

【ビフォア】 通路を支えて、荷重を負担する基礎です。

強固にしておかなければなりません。工夫のいるところでした。

Photo_2

【ビフォア】 床になる通路を支える鉄骨製の柱と梁です。

構造的にはピン構造で設計してあります。

Photo_7

【ビフォア】 鉄骨製の骨組みに鋼製のデッキープレートを設置しました。

よいよ、次は床のコンクリートの打ち込です。6mmの鉄筋も配筋しました。

Photo_8

【ビフォア】 デッキープレートの施工です。

鉄骨屋さんの仕事です。まっすぐに行かないところは、アセチレンで加工して設置します。たのもし~ですね。

Photo_9

|

エクステリアのエコリフォーム-2

【ビフォア】 既存ブロック塀と奥の駐輪場のリフォーム

建物とブロックが近いので圧迫感があります。駐輪場には段差があり、駐輪場の土間も古くて水も溜まっています。

Photo_3

【ビフォア】 駐輪場土間のリフォーム

現在の土間の上からモルタルを塗って仕上げて欲しいと言われました。               

う~ん。どうしようかな。

土間の状況もよくありません。排水管の枡、給水管、給水のメーターも有って、高さの調整と排水勾配に苦心しそうです。

Photo_4

【施工中】 駐輪場

やはり既存の土間は壊さなければ解決出来ませんでした。

Photo_5

【アフタ-】 駐輪場完了

何とか出来ました。現場では配管の調整や土間の排水勾配に気を使いました。

Photo_6

Koudahome

【施工中】 門廻りと塀の工事です。 門廻りと塀のブロックの解体

たくさん解体の発生材がでました。重くて運ぶのが大変でした。残す塀を痛めないように気を配りました。  

1_2

【施工中】 タイル下地の左官工事です。

古いブロックの塀は傷んでることが多いので下地工事はどうしてもやる必要が有ります。

さっぱりして明るくなりました。

Photo_7

【アフター】 エコな外構工事がきれいに出来ました。

一安心です。ポスト、表札、奥にアルミの門扉も取付けました。

Photo_8

Koudahome_2

【ビフォア】 お庭のフエンスの交換工事です。

鉄製のフエンスが傷んでしまい、土台のブロックを利用して安価に新しいフエンスが着かないかとの相談です。

1_4

【アフター】 新しいフエンスがとりつきました。

アルミ製のフエンスを無事取付けました。以下の施工方法も見てください。

1_5

【ビフォア】 既存の鉄製フエンスの柱です。

フエンスの柱が土台のブロックに埋め込まれています。この柱をカットします。

Photo_9

【アフター】 新しく取付けたアルミ製のフエンスの柱です。

工夫して頑張って取付けました。

Photo_10

【ビフォア】 施工中-1 フエンスの柱を埋込んで固定する孔です。

既存のブロック土台に孔を開けます。

2

【ビフォア】 施工中-2 あまり見ることがない作業ですのでチエックしてください。 

100mmの巾なので注意して孔を開けていきます。うまい職人さんです。

1_6

Koudahome_3

|

エコなエクステリアリフォーム-1

【ビフォア】変わるのは家だけではありません。

家のリフォームをしたら、きっと、家を引立てるエクステリアも何とかしたくなります。

Photo

【施工中】 やはりそうですね。塀を壊したら新しい物が見えてきますね。

Photo

【施工中】左官屋さんにモルタルで下地作ってもらいました。

状況によりますが、既存のブロックには風窓や表面が経年で傷んでいるため、直接タイルをはれない場合が多いです。下地工事を行い。後で問題が無いように施工しました。

Photo

【アフター】今まであった塀を再利用した塀です。エコの感覚です。

1

|

輸入窓サッシ ダブルハングのペアガラスの交換

【ビフォア】サッシ本体から取り外しました。

ガラスをフレームから外します。出来れば外した部品を再利用したいので、慎重にガラス押さえているビートを丁寧に外します。

Photo_2

【アフター】交換完了

ガラスは事前にサイズを測り注文して置かなければなりません。

そこのところよろしくお願いいたします。             

Photo_3

Koudahome

|

輸入窓のリフォーム

【ビフォア】輸入窓のリフォーム                                      

出窓FIXのペガラスに空気が侵入してガラスが曇ってしまいました。結露と雨水の浸入でフレームやサッシ本体が傷んできました。

2fix1_2

【ビフォア】外してフレームをリフォームしなければなりません。足場も必要です。

Fix

【ビフォア】重いので運ぶ時にも注意が十分必要です。

Fix_2

【ビフォア】作業の準備が出来ました。                               

作業台の窓はもう腐食したフレーム無くなっています。

古い窓の分解は、注意して行っても 割れたり折れたりすることがあります。

                                           

Photo_4

【アフター】フレームの加工製作と取付け。

フレームの製作はかなりテクニックが必要です。

Photo_2

【アフター】塗装

塗装の職人さんも来て頂いて、塗装もその日の内に仕上げます。

1

【アフター】フレームにはめ込む作業です。

ガラスは角をぶっつけると割れやすいので慎重にも慎重に行うなわなければなりません。

1_3

【アフター】外した部品の取付。

最後の仕事もキッチンと行いました。良くできました。ご苦労様です。

Photo_3

Koudahome_2

|

パティオドアの補修

パティオドアも年月を経るとやはりメンテナンスが必要になります。

S1_3

パティオドアを枠から外ずして点検。建付けの調整を行います。

S2

消耗したモヘヤを撤去して、新しい隙間モヘヤの交換で隙間風をシャットアウト。

ハンドルや他も点検、調整します。

S_9

ちょっとコツがいります。

FIX部分のモヘヤも消耗しています。

S1_2

新しいモヘヤ取付けました。ちょっとホットします。

FIX部分の防水処理も大切なメンテナンスです。

S_4   

コーキングも劣化して防水効果がなくなっています。打ち替えは重要です。

網戸の点検、調整

S_5

網戸の不具合は網戸だけの問題ではない場合があります。

建物そのものが少し縮んだり、窓の上部の梁が少し撓んで下がることもあります。

そんな影響を受けていることも見逃さないようにしましょう。

網戸の戸車

S_8

古くなると、合う戸車はありません。調整して補強して工夫してもう少し働いてもらいます。 内緒ですが、上の枠にも同じ戸車がついている場合もあります。あればラッキーですね。

Koudahome_3

|

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »