« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

住まいながらのリフォーム ツ-バフォ-工法の限界かな 東京都三鷹市の古宇田ホームのリフォームhttp://www.re-kouda.net

概略のプランです。東京都三鷹市の古宇田ホームのリフォームhttp://www.re-kouda.net

プランのビフォア・アフターよりも、私としては、久しぶりのツバイフォーの増改築なので、これまでの技術を見直して最新の工法を取入れて施工しました。増築部分では既存基礎との接続部分に入念に補強用アンカーを施工しました。実態として引張や曲げに対する強度がどの位有るのか試したくなりました。現場でウインチで引抜いたり・ハンマーで叩いてみたりしました。施工や養生の仕方は大事だなぁと改めて思いました。         

計画図面

 1125_2

既存図 既存図を元にプランの打合わせ

もっとも力が入ったのはリビングを広くするために既存の玄関・ホール・廊下との壁を撤去することでした。2間(3.640mm)の開口を作る計画です。今回は2カ所も2階の荷重を受けながら1階の壁撤去して開口補強用梁を入れました。実際の施工では2階の荷重を感じますので少しビビリました。    もちろん構造設計士にも相談の上の設計ですので構造的には問題はないのですが。

1_2

ビフォア(外観)

1_4

アフター (外観) プランで想像していたより立派になりました。動線も変化してアプローチが自然な感じになりました。

Photo

梁補強工事 施工中

一番気が力りました。ストレスが有りました。支柱にグーンと荷重がかかるのわかりました。

仮設の荷重受け用支柱は古宇田のアイディアも入っています。支柱の荷重を受ける部分にアゴを取付けました。梁を入れる時に支柱がじゃまにならないようにしました。又梁を入れる時にアゴの部分を薄く切り取って設置出来ます。

21_2

仮設工事 施工中

6月中は特に外部の木工事が多く、雨天のリスク軽減のため増築部分に雨除けを工夫しました。結構雨の日も有りました。そんなに支障なく工事は進められました。しかし完成してしまうと、雨除けのことなんか忘れてしまいますね。しかし、バルコニーの拡張も有りましたので防水対策としても有効でした。ありがとう。

Photo_3

仮設工事 雨対策  もう少し雨除けの工夫を見てください。

Photo_4

工事の流れ 工事工程表

お客様が住まいながらの工事となりました。、台所は使用するので最後の工事として欲しい。浴室は短期で単独施工として欲しい。リビング・ダイニングは最後まで使えるようにして欲しい旨の要望が有りました。お客様の希望に合うような工事行程計画としました。併行できる工事と単独工事を織り交ぜて計画しました。

リビングの梁を入れ替えるときは、壁のスタット(柱)は切り取りましたが、リビング側の壁一枚(既存の石膏ボード)は最後まで残して仕事を致しました。

Photo_5

|

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »