« 【アパート新築シリーズ】躯体仕事 床の仕事 壁の仕事 | トップページ | 【アパート新築シリーズ】 3階建ての骨組み »

【アパート新築シリーズ】内部の骨組み 構造の様子

古宇田ホーム(有) 三鷹市大沢5-21-5 

【連絡先】090-9918-7065
【お問い合わせホーム】http://www.re-kouda.net/freepage_4_1.html
 

古宇田ホーム() 三鷹市大沢5-21-5 【連絡先】090-9918-7065 【ホームページ】http://www.re-kouda.net 【ブログ】http://re-kouda.cocolog-nifty.com/ 

アパ-トの新築工事です。ツーバフォ-構造 3階建て 6世帯 準耐火1時間構造

●3階屋根の断熱工事

木造枠組壁構法(もくぞうわくぐみかべこうほう)とは、建築構造の木構造の構法の一つであり、一般に技術が公開されているオープン工法である。北米では単に「Framing」と呼ばれるが、日本では通称「ツーバイフォー工法」と呼ばれる。19世紀に北米で生まれ、その後アメリカ全土に普及した。開拓者が自ら作る為のキットハウスが、その原形とされる。現在、欧米では標準的な木造住宅の構法であるが、日本でも1964年に日本ホームズ(竹中工務店・新日本製鐵グループ・日立グループ、1974年三井ホームによりもたらされ、その後、数多く建築されるようになった。基礎を含めたスケルトンとよばれる構造躯体と、設備や仕上げ、間仕切り壁などのインフィルとよばれる、二つの要素から成り立っている。木造枠組壁構法は耐力壁と剛床を強固に一体化した箱型構造であり、木造軸組構法が柱や梁といった軸組(線材)で支えるのに対し、フレーム状に組まれた木材に構造用合板を打ち付けた壁や床(面材)で支える。そのため、高い耐震性・耐火性・断熱性・気密性・防音性をもつといわれる。「ウィキペディアから引用」

 

 

 

|

« 【アパート新築シリーズ】躯体仕事 床の仕事 壁の仕事 | トップページ | 【アパート新築シリーズ】 3階建ての骨組み »